HOME > 防災ifno

防災ifno

特番「南海トラフ巨大地震犠牲者0をめざして」

2015-03-24
11073305_877621968942617_3290647910550673304_n

3/24(火)正午~午後3時
特別番組「南海トラフ巨大地震犠牲者0をめざして」

パーソナリティ:二場健児(今治市危機管理室長)
        村岡治道(岐阜大学工学部付属インフラマネジメント技術研究センター特任准教授)
             ※前 愛媛大学防災情報研究センター准教授
進行:かのこ

第1部:自助/耐震・転倒防止のはなし。

 話し手:
    重松建設株式会社 営業・公務室 室長 檜垣 久美子さん
    耐震チェック、土地のチェック。リフォームや耐震性の高い新築について。
    http://www.shigematsugroup.co.jp/

    森松建設 森松 浩司さん
    http://www.morimatu.jp/
    耐震シェルターについて。

    株式会社 安心堂 代表取締役 冨田 親彦さん
    http://www.icknet.ne.jp/~anshindou/  
    家具などの転倒防止商品について。
 

第2部:共助/自主防災会のはなし。

    話し手:
    桜井地区(梅田2区)自主防災会会長 村上龍雄さん
    日高地区(馬越)自主防災会副会長 西村清子さん
    今治市危機管理課 課長 山崎秀樹さん

第3部:防災意識のはなし。

    話し手:
    今治市中央消防署 副署長 玉井則之さん 
    今治市危機管理課 課長 山崎秀樹さん 

11073305_877621968942617_3290647910550673304_n

10730959_877652385606242_2971084143042455080_n

南海トラフ巨大地震今治犠牲者0を目指して 3/24(火)

2015-03-19
bari[1]

FMラヂオバリバリ特別番組
「南海トラフ巨大地震今治犠牲者0を目指して」

今回は特に重要とされる自助、共助の意識づくり。
各自主防災会の実例、専門家によるアドバイス、
防災を意識した商品等の紹介をしながら
今治の皆さんに伝えていきます。   

FMラヂオバリバリ特別番組
「南海トラフ巨大地震今治犠牲者0を目指して」

日時:平成27年3月24日(火)正午~午後3時(3時間)  
放送形態:生放送

出演者:二場健児氏
    今治市危機管理室長      
  
    村岡治道氏
    岐阜大学岐阜大学工学部附属インフラマネジメント
    技術研究センター特任准教授
    (*前 愛媛大学防災情報研究センター准教授)

ゲスト:耐震の取り組みをされている企業、ショップほか
    今治市内自主防災会会長
    今治市中央消防署 玉井副所長 

進行 : かのこ(FMラヂオバリバリ)

J-ALART(全国瞬時警報システム)

2014-12-17
bousai_radio

全国瞬時警報システム=J-ALERT
今治市防災危機管理課からのお知らせです。
対応に時間的余裕がない大規模な自然災害や
弾道ミサイル攻撃(武力攻撃)等についての情報を、
「国から住民へ、直接瞬時に」伝達するのが
全国瞬時警報システム=J-ALERTです。

市民の皆様に、早期の避難や予防措置などを促し、
被害の軽減に貢献することを目的としており、
今治市では、平成23年の2月に受信器を設置しましたが、
今回、今治コミュニティ放送に、器械を整備して
いざという時にお伝えするようになっています。

J-ALERTで伝達される情報は、気象庁が作成する気象関連情報と、
内閣官房が作成する有事関連情報に大きく分かれており、
どの情報を市民に知らせるかは各自治体で決定できることとなっていますが、
大津波警報、津波警報、噴火警報、緊急地震速報、有事関連情報については
自動起動が原則とされています。

この情報をお聞きになった場合、速やかに安全な場所に避難するなど、
ご自身、ご家族の身を守る行動をとってください。

日高地区防災キャラバン 11/30(日)

2014-12-01
hidaka

11/30(日)の午前中に日高小学校体育館で行われた
日高地区防災キャラバン
(主催:今治市・愛媛大学防災情報研究センター・日高地区自主防災会)
日高小学校の生徒による発表。
自分たちにできることは何か?
地震に対する備えや心構えを伝えました。
自分たちが手作りした防災に関する冊子も展示され
学校における防災教育の高まりを感じました。

大三島こども防災キャンプ(10/18)

2014-11-01
大三島防災キャンプ

勉強や運動も大事だけど
まずは命あってこそ。
防災には力を入れたい!との思いで
大三島小学校PTA、おやじの会主体で
10/18(土)「大三島こども防災キャンプ」開催。

「こどもたちには何を学んでほしいか?感じてほしいか?」の問いには
「自分で考えられるチカラをつけてほしい」とのこと。
いつも大人がそばにいるわけではないので、と。
そうですよね~
場合によっては小学生も助ける側にまわることもあるわけだしね!
いろいろな種まきが各地で行われています。

2 / 41234
合宿免許のISコンサルティング 富士通のワークスタイル変革 ガス給湯器はエネプランへ! 金庫の通販はエイコーへ! 歯並びスマイル
国際ホテル JAおちいまばり 株式会社しまなみ KOMATSU 休暇村
ヤヨイ 有限会社エムジーエム つぼ吉 SUS
Copyright© 2013 FMラヂオバリバリ78.9MHz All Rights Reserved.